プラモデルの買取を分析してみる


子供の頃に買ったものは大人になった時に改めて見てみると思い出深く懐かしい気持ちになるものだと思います。

一方でもう使わないかったりして要らないから処分したいと思うこともあると思います。
私自身も子供頃に買って作ったプラモデルを処分したいと思って売った経験があるのでその時のことについて書いてみたいと思います。

その頃の私は何となく家の大掃除をしようと思っていました。手始めに子供の頃には寝室として使っていて今は物置同然となっていた部屋の片付けから始めました。
部屋の片付けをしていると子供の頃に買った組立済みのプラモデルがたくさんありました。

ガンダムや超合金などロボットは特に男の子にとっては憧れのもので誰でも一度くらいは買ったことがあると思います。
捨てるのは何となく勿体無くできれば買取をしてもらうことはできないかと思いました。

といっても未開封品ならともかくプロモデラーでもない一般人が作ったものが売れるのかという疑問もありました。

そこでネットで調べてみると多くのお店は買取不可でしたが一部のお店では買取可能なところもありました。
二束三文にしかならないと言う口コミもだいぶありましたがごみ捨てついでに金稼ぎと思えばいいかと考えて売ることにしました。

そこでどこで売ろうか調べた時に リトルゲージというお店が良さそうだと感じたのでそこで売ることにしました。

宅配キットが届いたら同封された用紙に必要事項を記入しました。そして宅配キットに入っていたプチプチで売りたいプラモデルが輸送中に破損しないように厳重に梱包しました。この梱包に手間取って3日ほど掛かりました。

後は必要事項を記入した用紙と身分証明書のコピーを商品と一緒に詰めました。この際にどうやら金券も買取っているようだったので古いビール券が三枚をついでに一緒に入れておきました。

買取金額を確認すると1000円でした。合計だけで詳細な査定結果は書いてありませんでしたが恐らく買取金額の大半はビール券だと思います。
冷静に考えれば素人が作ったプラモデルなんて販売価格が数百円程度にしかならなそうなので妥当といえば妥当な感じもしました。

プラモデルを売ってみた経験としては未開封品ならともかく組立済みのものを売るなら余程出来が良くないと時間の無駄にしかならないと思います。

なので組立済みのプラモデルを処分する時は捨てるか塗装等をやってきちんとしたものにしてから売ったほうがいいと思います。