DVDやCDの買取はどうしたら高価買取してもらえるか

9f87bb55d6686f4a30cfc2137f9df23a_m

最近はデータでのレンタルや販売が増えてきましたが、DVDやCDといったメディア媒体で販売される事が多いです。販売頻度も高く新作を手に入れるには買取で得たお金を補填するという手段もあるでしょう。

私もそういった事をした事があります。もう聴かなくなったバンドのCDやシリーズで買い続けたものの見なくなってしまったアニメのDVDを売りました。しかしながら、買取金額は販売価格には遠く及ばず新作に対しての軍資金としては微妙な金額になる事が多くありました。
原因としてはおそらく沢山のものがあるとは思うのですが、大きな理由としてはCD、DVDでの販売方法が時代遅れになってきているという事があるのではないでしょうか。CDが日本で初めて発売されたのが1981年と言われています。それから30年以上発売され続けて来た事になります。収録方法や保存方法もより新しくより良い物が開発されたにも関わらず、発売され続けていました。

今後、CD、DVDはなくならないにしても今までのような流通ではなくレコードがそうだったようにファングッズのようなアイテムとして扱われていくのではないでしょうか。

そのような予想の中で個人としての話に戻しますと、一部のアイテムのみ買取価格が高騰し他の大多数は買取価格が低くなると思います。買取価格は「その商品がいかに優れた作品か」という事ではなく市場価値で決まるので、より高く買い取ってもらう為には専門性が高いお店で早急に売る事が大切になるのではないでしょうか。

現在でも大手の買取ショップではその傾向が強くなり、新作でも発売から一月程度で大幅に買取の金額が下がってしまうという事が多いです。たくさんの買取店を利用してきましたが、大阪府でDVD出張買取を利用したところは古い作品でも高価買取してもらえました。

少しでも価格を下げない為には綺麗に保存することなどが有効です。ディスクに傷、汚れなどは無いか。附属品は欠けていないか。売る前にそういった点を注意するだけでも余計な買取価格の下落を防ぐことが出来ます。

こういった努力をしても少しの差しか出ないかも知れませんが、それでも回数を増やせば結果的に大差がつくことになります。少しでも多い金額で売る為にも必要な努力は惜しまないようにしましょう。

CDやDVDについては、基本的に古本屋といわれる業態の業者ももちろん買取してくれるところが多いようです。古本屋は本のみの買取に非ずということですね。北海道地区でCDやDVD、ブルーレイ、もちろん書籍にについての買取に迷う様であれば、札幌のCDやDVD、そして古本を買取する古本屋「ばれろん堂」がお勧めです。

今からは新品だけにこだわらず、色々な事を考えてチョイスする時代。とりあえず、いろいろ試してみることですよね。